「ヤバイ隠さないと!」と焦った話

「ヤバイ隠さないと!」と焦った話
私はその日必死で隠そうとしました。彼氏と一緒に海水浴場に来たはいいけど、私は自分のデリケートゾーンの黒ずみに気づきました。
いつの間にかこんなに黒ずみになっていたなんてと青くなりました。
彼の要望で私はその日ビキニ姿を披露したのです。
けれど着替えるときに自分のビキニラインのところが黒ずみになっていることにハッとしました。
ビキニは去年も着たことがあるおニューじゃないやつです。
だから家で試着なんてせずに来たのです。そしたらビキニラインが黒ずみで焦りました。
「ヤバイ隠さないと!」と思った私はしきりに足をギュッと閉じてビキニラインがなるだけ見えないようにとトイレを我慢しているようなポーズをしきりにとって、必死で隠そうとしました。
でも明らかにおかしな私の行動に彼の方が注意深くこっちを見てきて、黒ずみに気づいてしまったのです。もう本当に最悪でした。
デリケートゾーンの黒ずみのせいで砂の中に埋まりたいと思うほど恥ずかしかったです。
黒ずみを隠し切れなくて本当にドーンと気持ちが沈んだのです。
そんなこんなで彼との海水浴場の思い出といえば、彼に気を遣われて早めに海水浴場を後にしたことのみです。
もうずっと二人の間にはギクシャクした空気が流れました。
帰りもすごく悲しくなって涙が出そうでした。
こんな恥かしい思いをするくらいならビキニ姿なんてなるんじゃなかったです。対策をしてこなかったことをすごく後悔してますが、今はデリケゾーンの黒ずみ解消に向けて努力しています。

お尻の黒ずみ、どうしてできる?

世の中に、お尻の黒ずみで悩んでいる女性は少なくありません。

彼氏に見られるのが恥ずかしい、水着はショートパンツ無しでは着られない…

そんな困ったお尻の黒ずみ、そもそもどうしてできてしまうのでしょう?

それは、ズバリ「摩擦」です。お尻と何かがこすれることによってダメージが与えられ、黒ずんだり皮膚が硬くなったりするのです。

例えば蚊に刺された時、我慢できずに思いっきりかいてしまうと、黒く跡が残ってなかなか消えないことありませんか?お尻も同じで、硬いジーンズをはいて歩き回ったり、お尻に重心がかかる体育座りで長時間過ごしてしまうと、摩擦によって皮膚が痛み、やがて黒ずみとなってしまいます。きれいなお尻を保ちたければ、なるべく柔らかい素材の下着や洋服を選びましょう。そして座り方にも要注意です。背筋を伸ばし、お尻に全体重がかからないようにして、家ではなるべく椅子に座ることをオススメします。

気をつけていたのに黒ずみができてしまった場合は?

どんなに気をつけていても黒ずみができてしまった時に、絶対にやってはいけない事があります。それはあかすりタオルやスクラブなどの洗浄料でゴシゴシ洗う事です。角質がはがれて綺麗になりそうな気がしますが、それはダメージを負った皮膚に拷問を与えるようなものです。絶対にやめて下さい。まず洗う時はタオルを使わず、泡立てた石鹸で優しく洗いましょう。けしてこすってはいけません。泡で撫でるように洗った後は、お湯でしっかり流します。お風呂から出た後は保湿です。顔と同じレベルでの保湿を心がけましょう。誰にも見られない環境であれば、数分だけでもパックを貼ると保湿効果が高まって更に効果的です。こうすることによって皮膚が柔らかくなり、ターンオーバーを促進し、きれいな皮膚へと戻っていくのです。

でもまずは、黒ずみをつくらない事が一番。みなさんは自分のお尻、大切にしていますか?

黒ずみお尻でお悩みの方はこちらを参考にしてみてください。

脱毛を始めてもうすぐ三年が経ちます

脇やVラインの脱毛を回数制限無しに受けられる点に惹かれたので、三年程度前からミュゼプラチナムという有名な脱毛エステを利用しています。

エステにあまり通った経験がなく、通い始める前までは勧誘されないかや追加料金が嵩んでしまわないだろうかなど不安だらけで心配だったのですが、いざエステへ行くと、スタッフも若くて非常に親切な女性だったので、ほっとしました。

高圧的な態度を取られたりすることも一切なく、終始柔和な雰囲気で一時間程度でカウンセリングも完了しました。

脱毛エステのカウンセリングといえば勧誘を覚悟する人は多いですが、ミュゼの場合は普段のムダ毛の手入れの方法や処理の方法について伝えたり、肌の悩みを聞かれたりする程度の簡単な内容でした。

エステティシャンも特に強く勧誘してこなかったですし、脱毛方式やエステの利用方法や効果についても、分かりやすいパンフレットを見ながら親切に説明してもらえました。

三年程度通ってますが、最初に払った費用以外に、一切追加料金が発生しないのが嬉しいです。

ミュゼはシェービング代金やキャンセル代金なども一切皆無なエステなので、脱毛料金だけで施術を受けられる点に感心しました。

今まで何度かフェイシャルエステへ行ったことがあるのですが、何かと化粧品を勧められたり、施術後にジェルを買わされたりすることがあり困惑したことがありますが、脱毛エステは勧誘や煩わしいセールスが一切ないので本当に助かりました。

三年程度通っているのですが、もう殆どムダ毛が生えてこなくなり、効能も強く体感出来ています。

脱毛をお得に始めたり、確実な成果を望みたい人は、通い放題でお手入れできるエステやクリニックを探すのもおすすめです。

旭川近辺のサロン情報
脱毛サロン情報@旭川

フラッシュ脱毛という脱毛方法

フラッシュ脱毛とは、脱毛する部位に光を当てることでムダ毛を処理していく方法のことを言います。
一度に照射できる面積は広く、足や腕、背中などの比較的面積の広い部位に向いている脱毛法と言うことができます。
そしてフラッシュ脱毛はたいていの脱毛サロンで行われており、一番認知度の高い脱毛法と言っても過言ではありません。
また、ニードル脱毛やレーザー脱毛とは違って施術時に痛いと感じることはほとんどないため、サロンに通うストレスを感じることもありません。
そして料金も非常にリーズナブルなので、脱毛に初めて通うという人にはおすすめな方法だと言えます。

しかし、フラッシュ脱毛には脱毛の効果が実感できるようになるまでには少し長い期間がかかるというデメリットもあります。
脱毛に痛みを伴わない分、出力が低いということが言えるので、脱毛に対する一回の効果も低いと言うことができます。
また、脇毛などの濃い毛にはとても反応するのですが、顔に生えているような薄い毛には照射してもなかなか反応しにくいという点があるので、産毛のような薄い毛を脱毛したいという人にはあまり向いている脱毛法とは言えません。
しかし、フラッシュ脱毛は家庭用脱毛器としても販売されているくらい一番身近な脱毛方法だと言うことができます。
また、料金も高くないということからお金にそれほど余裕のない人でも脱毛に通うことができますし、総合的に見ると非常に良いということが言えるので、脱毛というものに興味がある人には一番おすすめな脱毛方法です。

脱毛サロンを仙台で探すならこのサイトがオススメです。
仙台の脱毛サロンオススメランキング

人は見かけによらない!

私の友達の彼氏は典型的な男らしいタイプです。顔もくっきりした顔つきで雄々しい顔は完全に友達のタイプです。ただそんな彼に友達は一つ不満を抱いているのです。それが「ムダ毛が少ないこと」なのです。

人は見かけによらない!友達は男らしく毛深いタイプの男性が好みなのです。見た目は完全にタイプなのにムダ毛が足りないと嘆いていました。どうやら友達の彼氏はあのような見た目をしておきながらすごくムダ毛が少ないらしいです。髭とかも生えて来ないのが悩みだと聞きました。私は彼と会ったことがあるだけになんだかちょっと意外に感じました。普通にムダ毛ボーボーそうだとイメージができていただけに本当に意外です。人って見かけによらないのですね。

そこさえクリアしていたら、もう完璧に理想なのにと友達はすごく悔しそうに言います。まあムダ毛が多いい人がタイプな友達もどうかと思うけど、確かに意外さはありました。そして勝手にムダ毛が多いのを期待され、期待外れだとがっかりされた彼氏のことを思うと少し可哀想です。友達は思ったことをハッキリと口にするので確実にムダ毛のことを彼氏に言ったと思います。想像して切なくなりました。

ムダ毛が多い人は脱毛すればいい話だけど、ムダ毛が薄い人が生やすことはできないでしょうからね。なんだか不憫だなと思ってしまいました。そして一般人と一味違う友達の好みにいろいろとツッコミたかったです。

ムダ毛の苦労はもうさせたくない!

ムダ毛の苦労はもうさせたくない!私は若いときにムダ毛で苦労しまくりでした。濃〜いムダ毛のせいで何度いじめられてきたか分かりません。男の子からからかわれるのも嫌でしたし、変なあだ名を付けられるのも嫌でした。周りの子たちに笑われてすごく恥ずかしいと思いをしていたのです。

あの頃のことは思い出したくもありません。だから余計に心配になっています。それは自分の娘のことです。娘は何もかも私に似ているのですよね。顔も似ているし体型も似ているし、私の子供の頃にそっくりだとみんなに言われます。そんな娘が毛深い質だけ私に似ないという都合のいいことは起こらず、娘も最近ムダ毛に悩み始めているのです。ムダ毛が一杯生えてきている辛さは同じ体験をしているだけに良く分かります。だから私も娘を見ていて心配になるのです。

娘にムダ毛の苦労はもうさせたくありません。私のように傷ついてほしくないと思っています。今は昔とは違うかもしれないけど、でもやっぱり女の子で毛深いと話のネタにされたりするのですよね。本当に一刻も早く脱毛をさせてあげたいと思っています。私は脱毛のおかげで救われました。ムダ毛から解放されたのです。だから娘にもこの脱毛を早い目にさせてあげて、辛い思いをせずにいいようにしてあげたいです。ちょっと気にし過ぎなのかもしれないけど、やっぱり娘のムダ毛のことは気にしないではいられないのです。

朝起きたらちくちくするムダ毛が嫌

私はムダ毛の質が他の人とは少々違うのかもしれません。固くて太いムダ毛なせいかもしれませんが、私はムダ毛の処理をした数日後はムダ毛が毛穴から生えてきて「ちくちく」するのです。朝起きたら服とムダ毛が擦れるような感覚があるし、触るとすごくちくちくして嫌な気分がします。「あーまた生えてきたのか」と思うと気分が滅入ります。

朝起きたらちくちくするムダ毛が嫌普通の子ならムダ毛はそこまで主張しないと思うのですよね。私の場合は特別なんじゃないでしょうか。だって友達の肌を触ってもムダ毛でチクチクすることってそうありません。少なくても私の友達はそんな人はいなかったです。私だけ恐ろしくちくちくするので毛穴やムダ毛が太いのかなと思っています。結構この体質が気になります。

皆脱毛をしたら良くなると言うけど、この私の太いムダ毛が脱毛なんかできちんと処理できるのだろうかと不安です。だから高いお金を支払ってまでやる気が起こらないのです。でも朝起きたらちくちくするのって最近本当に嫌になってきて、その内脱毛にお世話になるかもしれないと思っています。頑丈なムダ毛なので脱毛中は痛そうだなとかって思います。やるとなればそれなりの覚悟をして行こうと思います。

私のムダ毛は何でこんなに濃いのかとリサーチしたらどうやらうちの母の方のおじいさんが相当毛深い人だったらしいです。羨ましいことに母には遺伝しなかったみたいのなので、おじいさんの覚醒遺伝なのかもしれません。

イベント後に着ぐるみの下からこんにちはした姿が衝撃!

イベント後に少々衝撃的なモノを見てしまいました。イベント中に出現したカワイイ着ぐるみを着たスタッフがいたんですけど、中身がどんな人なのか分からなかったのですね。動きとかぴょこぴょこしていてすごく可愛くて癒されていたので、てっきり若い女の子とかが入っているものだと想像していました。だからあの姿をみたときに衝撃を受けたのです。

イベント後に着ぐるみの下からこんにちはした姿が衝撃!イベントが終わってから着ぐるみスタッフがその着ぐるみを脱いだところに遭遇したのですが、その中身は40代後半くらいの汗びっしょりのムダ毛のむさくるしいおじさんだったのです。口ひげだけじゃなくて、腕や足のムダ毛が激しく生えていて、明らかにイメージ違いでした。あんなに可愛い動きで私の心を癒してくれていたのに、中身がこんなおじさんだなんてショックすぎます。ちょっと愕然とした気持ちになりました。

着ぐるみを着た姿がいくら愛らしくても騙されてはいけません。実は中身を見て見るとこんなことがあるのです。私はなんだか騙された感がすごくて見なかったら良かったと思いました。今でもあの毛がもじゃもじゃなおじさんの姿は目にこびりついています。ああいうのの中身って見る者じゃありません。夢が壊されたそんな気持ちがしました。せめて若い男の子くらいにしてほしかったです。あれ以来イベントで着ぐるみを見つけてもむやみに抱き着きに行くのはやめました。

ムダ毛の毛深い悩みは脱毛で解消しました

ムダ毛の毛深い悩みは脱毛で解消しました私は寒いのはあまり好きではありません。どちらかというと暑い方が好きなくらいで、この季節は苦手でした。でもそんな温度のことなんて気しないくらい最近冬が大好きです。理由はムダ毛の手入れをほとんどしなくていいからなのです。
もし、旭川で脱毛をお考えなら、このサイトを参考にされてみてください。旭川市内の脱毛サロンの情報がまとめられています。
脱毛旭川なび
冬ってとにかく寒いから服を着こむじゃないですか?長袖で体が隠れるので、いちいちムダ毛を気にしなくて良くなります。夏はあんなに忙しく手入れしないといけないのに冬はしなくてもいいのです。これは本当にらっくらくで飛びあがりたいくらいに嬉しい気持ちになります。ムダ毛の手入れって本当に大変なんですよ。すぐに生えてくるし、見られると不清潔感を醸し出してしまうし、特に女性は辛いことだと思います。冬はこの手入れいらずなのが嬉しいですね。

冬の寒さもこれなら許せてしまいそうです。常にこれくらいの気候ならずっと長袖でいれるので、いいなぁと思います。ムダ毛の手入れを休憩するときって必要だと思うんですよね。夏みたいに延々とやるのは辛いです。だからこの冬はその休憩時間と言う意味で楽したいです。本当にこの点は何よりも嬉しい冬のメリットです。

まあなんだかんだ全く手入れしないということはできなので、脱毛のことも考えないでもないです。それでも冬が一番私を楽にしてくれます。私は昔よりもずっと冬は好きになっています。