「ヤバイ隠さないと!」と焦った話

「ヤバイ隠さないと!」と焦った話
私はその日必死で隠そうとしました。彼氏と一緒に海水浴場に来たはいいけど、私は自分のデリケートゾーンの黒ずみに気づきました。
いつの間にかこんなに黒ずみになっていたなんてと青くなりました。
彼の要望で私はその日ビキニ姿を披露したのです。
けれど着替えるときに自分のビキニラインのところが黒ずみになっていることにハッとしました。
ビキニは去年も着たことがあるおニューじゃないやつです。
だから家で試着なんてせずに来たのです。そしたらビキニラインが黒ずみで焦りました。
「ヤバイ隠さないと!」と思った私はしきりに足をギュッと閉じてビキニラインがなるだけ見えないようにとトイレを我慢しているようなポーズをしきりにとって、必死で隠そうとしました。
でも明らかにおかしな私の行動に彼の方が注意深くこっちを見てきて、黒ずみに気づいてしまったのです。もう本当に最悪でした。
デリケートゾーンの黒ずみのせいで砂の中に埋まりたいと思うほど恥ずかしかったです。
黒ずみを隠し切れなくて本当にドーンと気持ちが沈んだのです。
そんなこんなで彼との海水浴場の思い出といえば、彼に気を遣われて早めに海水浴場を後にしたことのみです。
もうずっと二人の間にはギクシャクした空気が流れました。
帰りもすごく悲しくなって涙が出そうでした。
こんな恥かしい思いをするくらいならビキニ姿なんてなるんじゃなかったです。対策をしてこなかったことをすごく後悔してますが、今はデリケゾーンの黒ずみ解消に向けて努力しています。